肉割れはダイエットが原因にもなるがほとんどは違う理由

ダイエットによる肉割れ

 

太ることで知られる肉割れですが、ダイエットが原因となることもあります。
この部分は間違った認識をしている人やwebサイトも多い気がします。

 

乾燥しているからなど書かれていたりしますが、それ以外が関係をしていることもあります。

 

「太ってきたからダイエットをしよう・・・肉割れができないか心配。」
「肉割れは太るのが原因だよね・・・なんでダイエットで肉割れ線ができるの?」
「肉割れができたからダイエットしよう・・・自然と消えるよね?」

 

などなど、肉割れとダイエットは切り離せないことでもあります。

 

ここでは肉割れがダイエットが原因となる正しい理由に比べ、よく間違えやすい本当の理由を調べる方法を紹介しています。
また、痩せたら肉割れ線が消えるのかまで気になる人が多い点も解説をしています。

 

間違った情報を信じているとひどい症状になることもあるので気お付けましょう。

 

肉割れがダイエットでできる原因!筋肉と乾燥が原因となる

ダイエットでも肉割れができる理由

 

ダイエットをしたら肉割れができる原因は筋肉や肌の乾燥が関係をしています。

 

太ることで知られる肉割れですが、本当の原因は急激な脂肪の増加をしても、皮膚の中でも真皮などの細胞は成長をしてくれないからです。そのため、脂肪が増加することで皮膚の中は張った状態となり、切れてしまいます。

 

ただ、脂肪の増加だけが原因ではなく、根本は体系が変化をしてしまうからです。
ダイエットをすると走ったり、筋トレをするので脂肪は燃えても筋肉は増加をしてしまうことがあります。

 

しかし、脂肪と同様に筋肉が増えたとしても皮膚は成長をすぐにはできません。
だからダイエットが原因となって肉割れができてしまうのですね。

 

特に肌が乾燥をしていると弾力が失われているので、切れやすい状態となっています。

 

痩せたら肉割れができた!それはダイエットが原因とは限らない

 

多くの人が間違えてしまうのがダイエットをしている時に見つけた肉割れの原因が痩せたことと思ってしまうことです。
本来は運動を始める前からできていた肉割れである可能性の方が高いのです。

 

走ったり運動をすると脂肪は減少をしますが、筋肉もエネルギーとなって消費がされてしまいます。
そのため、ダイエットをすると筋肉が減少をしてしまうことの方が多いです。

 

トレーニングジムやフィットネスで走ったりする有酸素運動とマシンによる筋トレを並行して行うのを進めるのはこの為です。
キレイな体系になるには筋肉を減らさずに脂肪を減らすことが大事だからです。

 

この部分の認識を間違えてしまうことで、本来は痩せないといけないのに、肉割れができたから運動を止めてしまう。
それが原因でひどい症状になってしまうこともあります。

 

まずは肉割れができたのであれば本当の理由を正しく認識をすることが大切です。

 

ダイエット中に本当の肉割れの原因を調べるなら白い線か赤い線か確認する

 

ダイエット中に肉割れができた人は線の色を見れば本当の原因が見分けることができます。
肉割れ線にも大きく分けると症状によって2種類の色があります。

 

  1. 赤い色の線がある
  2. 白い色の線がある

 

肉割れができたばかりの肌が炎症をしている初期症状は色が赤いです。
そのため、あなたの肉割れ線が赤い色をしているのであれば、それは皮膚が切れたばかりで、ダイエットが原因となります。

 

肉割れ線の色が白であれば、それは皮膚が切れてから時間がたっています。
そのため、以前の体重の増加や筋肉の増加が本当の原因であることが考えられます。

 

肉割れしないダイエット方法

肉割れしないダイエットの仕方

 

肉割れしないダイエット方法としては下記の3つがあります。

 

  1. 市販のクリームで保湿をして弾力を高めるようにする
  2. 少しづつ痩せるようにする
  3. バランスの良い運動をする

 

肌にうるおいを与えることで弾力とハリを高めることができます。
そのため、妊娠をした女性は妊娠線ができないように、クリームを使ってケアをします。

 

保湿クリームであれば薬局やドラッグストアで安い価格で市販がされていますし、特別効果な肉割れクリームを使う必要もありません。
大事なのは保湿によって肌にうるおいを与えることです。

 

バランスの良い運動をするのが大事!走ったり腹筋だけをしてはいけない

 

肉割れをしないダイエットとして重要なのがバランスの良い運動です。
下記の2つは失敗をしやすい極端なダイエットです。

 

  1. 走ったり自転車だけで痩せる
  2. 腹筋だけをしてお腹をへこませようとする
  3. 食事制限をしてしまう

 

ダイエットで脂肪が減るのはエネルギーを消費するからです。

 

運動でエネルギーを消費すると足りなくなった分を脂肪して燃焼して使うようにします。
そのため、走ったりなどの有酸素運動をすることで脂肪が減っていきます。

 

しかし、走ったり自転車のような運動だけで痩せようとすると、下半身にだけ筋肉が付いて肉割れの原因になりやすいです。
また、お腹をへこまそうと腹筋だけしていればその部分にだけ筋肉が付いてしまいます。

 

有酸素運動と全身の筋トレをして、バランス良く筋肉への負荷と脂肪の減少をさせることが、肉割れをしないダイエットには大事となります。

 

市販の肉割れクリームやボディクリームで保湿をする

 

あなたがこれからまだ肉割れができていないのであれば、市販のボディクリームが安いのでおすすめです。
肉割れ用のクリームも販売がされていますが、予防をする為に大事なのは弾力を高めることです。
その部分の役割は保湿なので、ニベアのようなボディクリームだと安く購入をすることができます。

 

これからダイエットをするから肉割れができないか心配って人であれば、安く販売がされているボディクリームがおすすめです。

 

ダイエット中に肉割れを見つけたら消す為にアフターケア用のクリームでケア

 

すでに肉割れができた人であれば、きちんとアフターケア用のクリームを使うのがおすすめです。

 

  • 肉割れができたからダイエットをする
  • ダイエットをしたら肉割れができた

 

すでに肉割れ線があるのなら消す為にケアをしていくのがおすすめです。

 

薬局などでは市販がされていないですが、アフターケア用に作られているクリームが販売されています。
もともと肉割れは薄くなって目立たなくすることができますが、完全に治ることはできない症状です。

 

そのため、できるかも知れないから心配な人ではなく、すでに出来た人であればアフターケア用のクリームを使いましょう。

 

私が使ったことがあるのや人気のは『肉割れを消すクリームランキング!薬局や市販のを使った本音の口コミ』で紹介をしているのでご覧ください。

 

ダイエットをしたら肉割れは消える?

痩せても肉割れは消えない

 

デブ線や脂肪線と呼ばれることからも分かるように、一般的に太ることが原因で肉割れができると考えられています。

 

そのため、ダイエットで痩せれば肉割れが消えると勘違いをしてしまいます。
痩せたとしても肉割れが消えるようなことはありません。

 

それどころか脂肪がなくなくからだがスリムになることで、肉割れ線が目立ってしまうこともあります。

 

ただ、だからと言って痩せなければ肉割れ線の数も増えてしまい、症状が悪化をしてしまうこともあります。
ダイエットをしたら肉割れが消えるようなことはありませんが、痩せるために運動をした方が良いのですね。

 

まずは『お尻の肉割れを消すクリームから原因まで解説!肉割れ線バイバイ』で原因や消す方法についてご覧ください。

 

トップへ戻る