肉割れが痛い原因や早めにケアがおすすめな理由

肉割れや妊娠線が痛い理由!痛みがあるなら線の数が増えるのを防ぐ

肉割れや妊娠線が痛いなら症状が悪化をする前に早めのケアをしよう

 

肉割れや妊娠線が痛いのでつらいなんてことはありませんか?

 

多くの人は肉割れなどの症状は気づいたらできていたりします。
私自身も経験者ですが痛くないので、全く気付くことはありませんでした。

 

しかし、痛いのでつらい症状に悩まされている人も少なからずいます。
こういった人は早めにケアをするのがおすすめです。

 

肉割れが痛いのであれば、症状が悪化をして線の数が増えてしまうこともあります。
数本だった赤い線が複数になったり、他の部位にもできてしまうことが考えられるのですね。

 

この記事では肉割れが痛い理由についての解説となぜひどい症状になるかについて紹介をしています。

 

肉割れや妊娠線が痛い理由!

肉割れが痛い女性

 

肉割れや妊娠線が痛い理由は原因から考えることで正しく理解できます。

 

そもそも、これらの症状は内側の皮膚が切れてしまったことによって、その切れ目が線となって肉眼で見えます。
最初は赤い線になっているのですが、だんだんと白い線へと炎症が鎮まることで変わっていきます。

 

ようするに皮膚が切れてしまっているので、痛みを感じる原因となってしまっているのですね。
しかし、多くの人は痛くないだけでなく、そもそもできたのに気づかない人は多いです。

 

そのため、切れ方がひどかったりすることなども、痛い理由として考えることができます。

 

ヒリヒリやピリピリとした痛みの時もある

 

痛みは人によって違ったりします。

 

人によってはヒリヒリやピリピリとした痛みを感じていることもあるはずです。
もともと肉割れは肌が乾燥をしていると、弾力が失われできやすいとも言われています。

 

そのため、予防対策としてクリームを使って保湿をします。
しかし、ヒリヒリやピリピリとした痛いのであれば、肌が炎症をしていたりバリア機能が低下しているのが原因となってることが考えられます。

 

厚いお風呂などに入るとヒリヒリとした痛みを感じたりします。
これは皮膚が刺激を受けているのが原因となります。

 

バリア機能が低下をしていて、洋服のこすれや雑菌などが原因によるた刺激で、ヒリヒリとした痛みを感じることもあります。
肌には保湿剤の膜によって、外からの刺激から守る働きがありますが、これが低下しているのがひとつの原因です。

 

多くの人は肉割れが痛くない!知らない間に線ができている

女性の写真

 

私自身が肉割れを経験している人ですが、鏡を見て初めて気づきました。
妊娠線だと予防ケアとして毎日クリームを塗ったりするので、すぐに気づくものですが、太ったり筋肉の増加が原因の肉割れだと気づかない人も多いです。

 

多くの人は肉割れができても痛くないので、気づかないことが多いのですね。
お風呂上りに鏡を見たら気づいたなど、知らぬ前にできているのを、後になって気づくのです。

 

このことから考えるとわかるように、肉割れや妊娠線が痛いのであれば、ひどい症状である可能性があります。
脂肪や筋肉は特定の部位に付いたりするのではなく、基本的には全身に増えていきます。

 

そのため、他の部位も切れそうになってることが考えられます。

 

痛いほどの肉割れなら症状がひどくなるので早めにケアをする

 

痛いほどの肉割れであれば、他の部位やできた周辺の内側の皮膚も切れてしまい、線の数が増えてしまうこともあります。
私自身は痛みはありませんでしたが、気づいた時には両方の二の腕とお腹のあたりにできてしまいました。

 

肉割れ線は何十年もたてば自然と目立たなくはなってきますが、完全に治ることはありません。
そのため、予防をするに越したことはないのですね。

 

特に痛いほどの状況であれば、早めにケアをするのがおすすめとなります。

 

基本的に肉割れのケアはすでに出来たのであれば、アフターケア用のクリームが販売されています。
予防として最も大事なのは保湿をして、肌の弾力を高め切れづらい状況を作りだすことです。

 

どうせならできた線のケアもしたいって人であれば、アフターケア用のクリームを使うようにしましょう。

 

トップへ戻る