筋トレをして肉割れができる人は多い

 

太ることで知られる肉割れですが、筋トレも原因のひとつとなります。
脂肪だけではなく筋肉の増加にもよって引き起る症状なのですね。

 

「筋トレしたら肉割れができた・・・原因はなんで?」
「部分的に鍛えたら肉割れが・・・消す方法はないの?」
「太ったからダイエットをしよう・・・肉割れしない筋トレ方法は?」

 

など、ダイエット目的や肉体改造で筋力トレーニングをしようとする人は多いです。
しかし、肉割れができてしまってガッカリしてしまう人もいれば、これから始める人も心配になってしまうものです。

 

せっかく痩せたり筋肉が付いたとしても、デブ線とも呼ばれる赤や白の線が入っては醜くなってしまいます

 

ここでは筋トレでなぜ肉割れができるかの原因から消す方法まで解説をしてきます。
また、どのように運動をしていけば白い線や赤い線ができないようにできるのかを紹介しています。

 

 

筋トレが肉割れの原因になる理由

筋肉の増加が肉割れの原因になる

 

筋トレをすることで肉割れができる原因は筋肉が増加をするからです。

 

筋肉が増加をすることで腕やお尻や太股などのサイズは少しづつ大きくなってきます。しかし、皮膚が成長をする速度は遅いです。
そのため、内側の皮膚が筋肉が増加した分、張った状態となり裂けてしまいます。

 

皮膚が裂けた状態は炎症をしているので、赤い線となり時間がたつと白い線となります。
ようするに筋トレによって筋肉が増加をするのが肉割れの原因となってしまうのですね。

 

見た目ではそんなに変わっていないような気がしても、肌が乾燥をしてしまっている人は特に注意です。
乾燥をすることで弾力が失われてしまうので、肉割れができやすい状態となっています。

 

太るだけではなく脂肪や筋肉の増加が根本的な肉割れの原因

 

肉割れは太ることが原因と勘違いがされやすいです。

 

根本的なのはからだのサイズが大きくなることによって、皮膚が切れてしまうことです。
そのため、太ることによる脂肪の増加でも筋トレによる筋肉の増加でもできてしまいます。

 

また、肌が乾燥をしていると特に注意が必要となる症状なのですね。

 

防ぐ為には急激な脂肪や筋肉の増加をさせないことです。
また、保湿をして肌に弾力を与えることです。

 

以上の2点を気お付けることで原因の解消をすることができます。

 

ダイエット目的で筋トレをする女性は注意が必要

 

女性で筋トレをする目的として多いのがダイエットです。

 

早く痩せたいって思いから、急激に痩せようとしてしまう人も多いです。
そのため、過度の筋トレをはじめたり、いきなり長距離を走ろうとしてしまう点です。

 

急激に痩せようとダイエットをすると長続きはしないですし、肉割れができてしまう原因にもなります。

 

ゆるやかに運動を行いしっかりと痩せようとすることが大切です。
また、食事制限をするのではなくバランスの良い食事を心がけるようにしてください。

 

栄養が失われることで肌が乾燥をしてしまい、肉割れができやすくなってしまいます。

 

ダイエット目的で筋トレをする人は『肉割れがダイエットでできる原因!肉割れしないダイエット方法』をご覧ください。

 

筋トレが原因で肉割れができやすい部位!お尻・二の腕・肩・太ももの筋トレに注意

筋トレで肉割れができやすい部位

 

筋トレが原因で肉割れができやすい部位があります。

 

  • お尻
  • 二の腕
  • 太もも

 

これらの部位は筋トレをして筋肉が付きやすい部位でもあります。
特に二の腕や肩の付近は肉体改造をしたい人に多いですが、ウエイトトレーニングに気おつけなければなりません。

 

ウエイトトレーニングには注意!男性は筋トレで肉割れ線ができやすい

 

男性で筋トレをする人で多いのがウエイトトレーニングです。

 

重いダンベルを持ち上げるので筋肉への負荷が高く、効果が高い方法でもあります。
しかし、急激に筋肉が増加をしやすい原因でもあります。

 

筋肉が付いても肉割れ線がひどければ見た目はかっこ良くはなりません。
実際、ボディビルダーの人もコンテストの際には肉割れを隠すようにします。

 

本当に肉体改造を成功させるためには無理をしすぎずに筋肉をつけていくようにしましょう。

 

できた肉割れを消したいって人は『お尻の肉割れを消すクリームから原因まで解説』をご覧ください。

 

肉割れをしない筋トレの方法

肉割れしない筋トレの仕方を解説する女性の医者

 

肉割れをしない筋トレ方法として気お付けるのは下記の末です。

 

  • 全身の筋肉を鍛えるようにする
  • 市販のクリームで保湿をして弾力を高める
  • 無理をしすぎないようにする

 

特に全身の筋肉をバランス良く鍛えるようにしましょう。
男性ならウエイトトレーニングで腕だけを重点的に行ったり、女性なら走って下半身のみを鍛えるようなことはしないでください。

 

部分的に筋トレをするとからだが疲れていても、大丈夫だろうと言う気持ちで無理をしてしまうことも多いです。

 

全身をバランス良く鍛えながら、クリームでケアをしていくことで肉割れをしない筋トレができるようになります。

 

これから筋トレを始める人は市販の保湿クリームを利用する

 

これから肉体改造やダイエット目的で筋トレを始める人であれば、市販の保湿クリームを使うようにしましょう。

 

薬局へ行けばニベアのような安いクリームが販売されています。
数百円で購入ができますが、保湿目的のクリームで必要な成分が含まれています。

 

すでに肉割れ線ができた人に比べて、予防をするのに大事なのは保湿だけです。
安いので良いのできちんとケアをするようにしましょう。

 

できた人はアフターケア用の肉割れクリームで消す為にケア

 

すでに肉割れができた人であればアフターケア用のクリームでケアをしてください。

 

アフターケア用は薬局などでは販売がほとんどされておらず、通販限定のがほとんどです。
店頭で市販がされている化粧品のほとんどは保湿や美白など多くの人が悩む肌トラブル用です。

 

特に肉割れは妊娠をした女性の妊娠線でもあるので、圧倒的にアフターケア用のクリームの種類は少ないのですね。
筋トレで肉割れができた人で線を消したいのであれば、アフターケア用のを使うようにしましょう。

 

ただ、もともと治ることのない症状なので完全に消すのは難しいです。
肉割れができた人は薄くして目立たなくする為にアフターケア用のクリームでケアをします。

 

アフターケア用のクリームについては『肉割れを消すクリームランキング!薬局や市販のを使った本音の口コミ』で私が使ったのをや人気のを紹介しているのでご覧ください。

 

トップへ戻る