肉割れ・妊娠線予防クリーム「vigiee(ビギー)」の詳細

vigiee(ビギー)の写真

vigiee(ビギー)は2018年に販売がされ、注目がされている妊娠線や肉割れの予防したい人に人気のクリームです。
初めてのたまごクラブにも掲載がされ、口コミでの評判も良く、利用者が増えています。

 

最大の特徴は成分・技術・容器の3種類です。

 

主要成分を水ではなく、温泉水にすることで、水分量を増やし保湿効果を高める働きがあります。
妊娠線の予防に最も大事な部分である保湿に徹底的にこだわって作られています。

 

技術面ではテクスチャとベタツキを軽減する為に、ナノモイスチャー製法によって高圧乳化装置を使っています。
容器はエアレスボトルにすることで空気に触れるのを防ぎ、防腐剤を不使用になっています。

 

妊娠中はホルモンバランスの乱れや運動不足により、肌が乾燥をしやすくバリア機能が低下し、刺激にも敏感になっています。
そのため、添加物だけではなく空気の雑菌も防ぐようになっているのですね。

 

細かい部分まで妊娠線を予防したい人のクリームとなってるのですね。
そのためか効果を感じている人は多く、かゆみやつっぱりも気にならなくなったと満足している人は多いです。

 

vigiee(ビギー)の口コミ!

初めてのたまごクラブを見て購入しました。お腹も張った状態になり、つっぱりを感じるようになりました。妊娠線が怖くなったので市販のクリームからビギーを使い始めることに。肌が弱いのもあり化粧品は最後まで使いきらないことが多かったです。ビギーだと衛生面も良いですし、最後まで使ってもピリピリするようなことはありませんでした。今の所妊娠線もできておらず大変満足することができています。

親友のお腹の妊娠線がひどいのを見ているので、私は絶対に予防したいと思ってたのでビギーを使いました。家の保湿クリームのニベアはあったけどちょっと心配だったので、少し高くでもvigieeの方が良いかなと心配だったので。友人は妊娠7ヶ月目で出始めていたのですが、私は10か月ですがまだできてません。効果があったんだと思います。

市販の保湿クリームを使ってたのですが、お腹もかゆくなってきたのでやっぱり妊娠線クリームを使おうと思いました。価格とかを比較してみたのですが、口コミで評判が言いようだったのでビギーを使っています。赤ちゃんは生まれたばかりはカサカサと乾燥したいる子も多いみたいなので、産後も一緒に使おうと思ってます。

 

vigiee(ビギー)の悪い口コミ

妊娠線ができたのでvigieeを使ってますが、今いち効果が分かりません。もうそろそろ1本目が使い終わりますが、変わらないような気がします。

私はもともと乾燥肌で体系も普通よりは細い方だと思います。細いと妊娠線ができやすいってのを雑誌かテレビで見かけたので、心配していました。ビギーを使っていたのですが、うっすらと赤い妊娠線ができてしまいました。細いし乾燥肌で人よりできやすいのかも知れないですが、私は防ぐことができなかったです。

 

口コミのまとめと評価!2018年に人気の妊娠線クリーム

 

vigiee(ビギー)の口コミを見ると満足率が高いだけあって、満足している人は非常に多かったです。

 

妊娠によるかゆみがひどいのも気にならなくなったなどありました。
敏感肌だけど問題なく使えているって人も多く、使い心地の面でも他のと違い、たっぷり塗ってもベタツキが気にならないなどもあります。

 

ただ、全ての物に言えることですが、中には悪い口コミもあります。

 

勘違いとして多いのがすでに出来た妊娠線や肉割れに使っている人です。
ビギー予防したい人向けの肌の弾力を高める効果です。

 

すでに出来た人向けのアフターケア用クリームではありません。
また、全ての人に効果があったわけではありません。

 

vigieeの効果は妊娠線予防対策!肌を柔らかくして弾力を高める

 

vigiee(ビギー)の効果は妊娠線の予防対策用のクリームです。

 

妊娠線はお腹のふくらみや運動不足による脂肪の増加で、急激に大きくなることで内側の皮膚が切れる症状です。
そのため、妊娠をしていてかゆみや乾燥やつっぱりを感じると、赤い線ができてしまう人がたくさんいます。

 

予防に大切なケアは肌の弾力を高め切れるのを防ぐことです。
vigieeは弾力を高める・使い心地・低刺激の面で特徴のあるクリームです。

 

保水力を高める成分と水分の蒸発を防ぐ保湿効果のある成分が含まれています。
また、オーガニック成分も様々なのが含まれています。

 

そのためか妊娠線予防に成功したなど、口コミでも効果があったと評判が高いです。

 

肌の水分量をUPし保湿効果を高める温泉水を使用

 

ビギーが他の妊娠線クリームと違い、徹底的にこだわっているのが分かるのが、主要成分の水の部分です。
保水・保湿の2つを促す温泉水が使われているのですね。

 

どんなクリームや化粧水などの化粧品は主要成分は水となっています。
肌に塗るので固形の状態やべたべたでは使うことができないので、水分が含まれています。

 

他の妊娠線クリームと同様に様々な美容成分を入れるだけではなく、基礎となる部分も温泉水を使われているのですね。

 

vigieeの50gと120gの2つの規格の違い

 

vigieeは50gのチューブタイプと120gのポンプタイプの2種類の規格が販売されています。

 

チューブタイプの50g入りは約2週間少々使うことができます。
ポンプタイプは1ヶ月から2か月が目安となっています。

 

化粧品は使っていると空気が入りこんで酸化をしたり、手の油や雑菌に混入によって、刺激を与えてしまうことがあります。
ビギーはエアレスボトルとなっているので、低刺激で皮膚に負担が少ない容器になっています。

 

おすすめは最安値が初回3,960円で2本の120g

 

ビギーの定価は50gが1,980円と120gが3,218円となっています。
おすすめは最安値で初回3,960円で2本入りのキャンペーンを利用することです。

 

もともと妊娠線の予防クリームは産後の数か月は使い続けるのが一般的です。
出産をした後はたるんだ皮膚を引き締める必要があるので、そのまま保湿力の高い妊娠線クリームを使います。

 

そのため、数か月は使い続ける必要があります。
vigieeを購入するのであれば公式サイトで行われている、最安値で購入できるお試しキャンペーンを利用するのがおすすめです。

 

トップへ戻る