ドクターボーテム「ワセリンクリーム」の詳細

ドクターボーテム「ワセリンクリーム」の写真

ワセリンで人気があるのがドクターボーテム「ワセリンクリーム」です。
使用した人の口コミでも良く評価をしているものが多く、特に妊娠線や肉割れに人気があります。

 

妊娠線や肉割れの予防をしたいって人から、ガサガサな乾燥肌やアトピー性皮膚炎で悩んでいる人まで人気があります。
多くのワセリンや化粧品をはじめ、洗剤に含まれている汚れを落とす成分の合成界面活性剤は不使用となっています。

 

ドクターボーテムのワセリンクリームはその部分を解決した、伸びの良いクリームとして口コミでの評価も高いです。

 

妊娠線の予防・アトピー性皮膚炎・肌の乾燥がひどい・赤ちゃんや年寄りでも使えるクリームを探している人に口コミでの人気があります。

 

このサイトではドクターボーテムの良い口コミだけでなく、悪い部分まで含めて紹介をしています。

 

ドクターボーテムのワセリンクリーム口コミ

妊娠をしてお腹も少しづつ大きくなってきているので、ワセリンクリームを使い始めました。もともと薬局で市販されてるワセリンを使っていたのですが、半固形になっていて、引っかかったりべたべたしているのが気になりました。ドクターボーテムのワセリンクリームに変えてから満足することができています。

もともと乾燥肌がカサカサがひどいです。色々と化粧品を変えてみたりしたのですが、肌に合うのが見つけることができませんでした。ドクターボーテムのワセリンクリームを知り合いに教えてもらったので使い始めたのですが、保湿効果ができているのが実感できています。化粧の下地としても使っていますが、化粧崩れも気にならなりましたし良い感じです。

1人目の子供がアトピーで悩んだので、2人目ももしかしたらと心配しています。ドクターボーテムのワセリンクリームは赤ちゃんにも使えるみたいなので、妊娠線の予防と備えとして、使うようになりました。今の所は妊娠線もできてないですし、肌もしっとりしているのは感じることができています。

 

ドクターボーテムのワセリンクリームの効果は保湿!肉割れや妊娠線予防のクリーム

 

ドクターボーテムのワセリンクリームの効果は保湿です。

 

もともとワセリンの効果が保湿なのはご存知の方も多いのですが、効き目の満足はできても使い続けてしまうのにためらってしまう人もいます。
ベタベタしていたり、塗るのが大変だったりと、使用感の面でのデメリットがありました。

 

ドクターボーテムのワセリンはクリームにすることで、気になる使用感の面でも改善が行われています。

 

ワセリンクリームを塗ることで皮膚を膜がまとってくれます。
そのため、角質層にある水分が蒸発するのを防ぐこうyかがあります。

 

肌の乾燥がひどいって人や妊娠線の予防をしたい人の口コミでの評価が高く、保湿効果を感じれている人は多いです。

 

他のワセリンクリームとドクターボーテムの違い!ベタツキ改善の使いやすさと防腐剤

 

ワセリンの含まれたクリームは様々なのが販売されています。
その中でもドクターボーテムのとの違いについて紹介をします。

 

ワセリンの特徴はベトベトするなどの使用感の悪さにあります。
ドクターボーテムのは水と油を安定的に乳化できる特許技術によって、水とワセリンだけでクリーム状にしています。

 

他のだと洗剤などに使われ、肌に刺激を与える合成界面活性剤が使われることが多いですが、これらが使われていないです。
また、パラベンなどの防腐剤ではなく、大根根発酵液などを用いることで、防腐効果があるようになっています。

 

ベトベトの使用感の悪さの改善にこだわり、肌に優しくなるように作られているのが、ドクターボーテムのワセリンクリームなのですね。

 

赤ちゃんや子供に使えるだけでなく、アトピー性皮膚炎でも使えたなどの口コミもあります。

 

ワセリンクリームはボトルとハンディタイプの2種類

 

ドクターボーテムのワセリンクリームはボトルタイプとハンディタイプの2種類あります。

 

ボトルタイプは大容量の300mlとなります。
ハンディタイプは持ち運びがしやすいサイズで容量が50mlとなっています。

 

どちらも使っている内に空気による酸化や雑菌の混入が防ぎやすいように、よくあるワセリンのケースとは違うようになっています。
特にボトルタイプは大容量で長期間使うことができるので、ハンドソープのようにプッシュ式になっています。

 

アトピー肌や敏感肌の人でも使える為に、低刺激になるように成分を考えているのではなく、使ってからのことも考慮しているのが分かります。
容量と価格を考慮するとボトルタイプの方が安くお得なのですが、今までワセリンを使ったことが無い人はハンディタイプを試しに使うのがおすすめです。

 

 

 

トップへ戻る