肉割れや妊娠線の保湿に使われるのがワセリン

 

肉割れや妊娠線の症状にワセリンを使う人もいます。

 

これらの症状にはすでに線ができてしまった人もいれば、妊娠をしたから予防をしたいって人まで様々です。
クリームにも予防の人向けやアフターケア向けなど2種類あります。

 

では、ワセリンはどちらの人に効果があるものなのでしょうか?

 

この答はワセリンの効果と肉割れの原因を理解することでわかります。
この記事ではワセリンの効果をはじめ、消したい人なのか予防したい人なのかのどちらにおすすめなのかも解説をしています。

 

肉割れや妊娠線ができた又は予防したい人でワセリンでケアをしようか考えている人はご覧ください。

 

ワセリンの効果は水分の蒸発を防ぐ保湿

ワセリンの効果は水分の蒸発を防ぐ

 

ワセリンと言っても白色のと黄色の2種類があります。
主に使われるのが白色ワセリンです。

 

白色ワセリンは塗ることで皮膚の表面に膜を張る効果があります。
そのため、肌の角質層無いにある水分が蒸発をして、皮膚の乾燥をするのを防ぐ効き目があります。

 

ようするに保湿効果のある物質です。

 

ワセリンは肉割れや妊娠線の予防したい人と消したい人のどちらに効果がある?

 

肉割れや妊娠線でワセリンが用いられることがあるのは、主に予防をしたい人です。

 

これらの症状はからだが脂肪や筋肉や赤ちゃんの成長より、皮膚の成長速度が追い付かずに切れてしまうのが原因です。
しかし、赤ちゃんの成長を防ぐことは当然ありえませんし、好んで太ろうとする人も少ないです。

 

予防する為にできることは保湿をして、肌にハリや弾力を高めることぐらいしかありません。
そのため、肉割れや妊娠線を予防したい人でワセリンがケアとして使われたりします。

 

ワセリンの効果によって保湿をすることで、水分の蒸発を防ぐので水分量をアップすることができます。
肌が潤っているとハリや弾力があるので、予防クリームとしてワセリンが使われるのですね。

 

ワセリンですでに出来た肉割れや妊娠線のケアを考えていた人は下記のページをご覧ください。
お尻の肉割れを消すクリームから原因まで解説

 

肉割れや妊娠線にはワセリンのクリーム状のを使う

ワセリンクリームを使ってる写真

 

肉割れや妊娠線ができやすいのはお腹やお尻など、塗る面積の部分が多かったりします。
そのため、固形ではなくクリーム状になったワセリンを使うのが良いです。

 

固形状になっているのだと、伸びも悪いですし、非常に塗りづらいです。
医薬品や化粧品でワセリンが含まれていたり、クリーム状になっているのがあるので、それらを利用するようにしましょう。

 

最近であれば、妊娠線用のワセリンクリームなども販売がされています。

 

ドクターボーテムのワセリンクリーム口コミ!良いだけでなく悪い口コミも紹介

 

できた肉割れは治らないのでワセリンより肉割れクリームがおすすめ

 

個人的にはワセリンは価格も安く、コスパの良い保湿ができるクリームだと思ってます。
ただ、肉割れの予防として使うならクリームでケアをするのがおすすめです。

 

肉割れや妊娠線は一度できてしまうと完全には治らない症状です。

 

何年や何十年と時間がたつと薄くなったり、人によっては消えることもありますが、治った訳ではありません。
内側の再生も新しくも作られない真皮と呼ばれる皮膚細胞が切れてしまいます。

 

肉割れ線ができた人もクリームを使ってケアをしますが、目的はそれ以外の皮膚である表皮などを整える為です。
完全には治らない症状なので、即効性のある方法もありません。

 

だからこと予防が大事と言われており、肉割れクリームを使って予防対策としてケアをしていくのが一般的となっているのですね。

 

下記で私が使ったのや人気のを紹介していますが、安いのもあったりするのでご覧ください。
肉割れクリームランキング!薬局や市販のを使った本音の口コミ

 

トップへ戻る