太ってない細い人でも肉割れができる

 

肉割れは太ってない痩せてる人でもできる症状です。

 

デブ線や脂肪線と呼ばれることからも、圧倒的に太っている人にできやすい症状ではあります。
しかし、痩せてる人であっても細い人でも白い線や赤い線ができてしまうことがあります。

 

「特に太ってないいのに肉割れができた・・・原因は何?」
「ダイエットもしたことないのに肉割れ線がある・・・どうにかして消したい!」
「痩せてるのに白い線や赤い線がある・・・デブ線があるのは嫌!」

 

などなど痩せてる人だと疑問に思うようなことも多いです。

 

大事なのは肉割れを消すことですが、そのためにはまずは原因を正しく知ることが大切です。
ここでは痩せている太ってない人の肉割れについて解説をしています。

 

太っていない痩せてる人に肉割れができる原因

痩せてる人は日常生活が原因となる

 

痩せてる人に肉割れができる原因は、日常生活の中での筋肉の増加である可能性が高いです。

 

肉割れの根本的な原因は脂肪や筋肉の増加によって、サイズが大きくなっても皮膚は成長をしないので、切れてしまうことです。
急激に太る人の方が圧倒的に多いので、デブ線と呼ばれたりしています。

 

しかし、中には脂肪も筋肉も増加させて覚えのない人でも肉割れができてしまうことがあります。
そういった人は肌が乾燥をしているか日常生活の中で筋肉が付いてしまった可能性が高いです。

 

肌が乾燥をすると弾力が失われて皮膚が切れやすいですし、日常生活の中でも色々な筋肉が付いてしまう場面があります。

 

日常生活でも筋肉に負荷がかかり原因となる

 

普段生活をする上で様々な筋肉に負荷を与えています。

 

分かりやすいのであれば歩行による太ももやお尻への負荷です。
ギックリ腰は足が疲労していることで、必要以上に腰回りの筋肉を使ってしまい起きる症状です。

 

実は知らないだけで疲れたたまっていたりすると、必要以上に負荷を与えてしまうことがあります。
そのため、日常生活の中で肉割れができる原因となっていることがあるのですね。

 

痩せてる人は下半身に肉割れができやすい

太ももの肉割れケアをする女性

 

あなたが痩せてるのであれば下半身に肉割れができているのではないでしょうか?

 

  • お尻
  • 太もも
  • 膝の裏側や内側
  • ふくらはぎ

 

これらの部位は毎日かかさずに行っている、歩く行為によって負荷がかかります。

 

太ってる人だとお腹やお尻や太股など脂肪の付きやすい部位に肉割れができやすいですが、痩せてる人だと下半身にできてしまう人が非常に多いです。

 

靴のサイズや歩き方が原因となることもある

 

日常生活が原因で肉割れができる要因として代表的なのだと靴のサイズや歩き方です。

 

  • サイズが少しづれた靴を履いていませんか?
  • ハイヒールで仕事をしていませんか?
  • 底が固い靴を履いていませんか?

 

もしもあなたが太ってないのに肉割れができたのであれば、これらの点に注意をするようにしてください。

 

サイズの合わない靴や底の固いのを履いていると、下半身への負荷がかかりやすいです。
また、ハイヒールだともともと筋肉を使うのに親指を上げながら歩いて余計に負荷をかけてしまうことがあります。

 

これらのことは痩せてる人の肉割れの原因になりやすい部分なので、覚えがあるのならすぐに改善をするようにしてください。

 

太ってないのにできた肉割れを消したい人は?

肉割れの消し方を解説する医者

 

肉割れを消したいのであればクリームを使うのが一般的です。
太っている人に比べて原因は少なく、消したいならケアをしていくことが重要です。

 

  • アフターケア用のクリームでケアをする
  • 日常生活で原因となってる部分の改善

 

比較的簡単にケアをしていくことが可能ですし、症状も薄い人が多いです。

 

痩せてる人だと急激に筋肉が付いたり脂肪が付いたりすることもなく、肌の乾燥であったりちょっとしたことが原因となっています。
原因の部分を解消して、クリームでケアをしていくことで消すことができるのですね。

 

肉割れは治らないですが、薄く目立たなくすることができる症状です。

 

詳しい内容は良いからクリームを知りたいって人はコチラ
肉割れを消すクリームランキング!薬局や市販のを使った本音の口コミ

 

消す方法についてきちんと知っておきたい人はコチラ
お尻の肉割れを消すクリームから原因まで解説!

 

 

トップへ戻る